水質浄化・油流出対策・環境保全の技術開発・設計・販売(全国対応)
日本ソリッド㈱
03-3504-1574
問い合わせフォーム
HOME
製品一覧
ご注文方法
お問い合わせ方法
会社概要
 HOME 製品一覧河川・道路・開発地汚濁水対策例

河川・道路・開発地
汚濁水対策例
水質浄化製品一覧へ
NETIS登録一覧へ


沈殿池による浄化方法
ソリッドエースNCCの固形凝集剤とパトレシアの付着型水質浄化フェンスで沈降分離。

①最初の沈殿池でNCCと濁水をエアー撹拌しながら良く混合し、確かな凝集でフロックを形成します。
②次の沈澱池でパトレシア(付着型P-1NR)を多重展張し、微粒子の付着と沈降分離を促進します。

道路・開発地工事等 ~沈殿池が無い場所での水質浄化法~
礫間接触浄化材セルカと固形凝集剤ソリッドエースNCCによる接触付着沈降で除濁

【効果】
・接触ろ過浄化法と隙間からの流出抑える2列ズラシ置きで河川への汚濁流出を防ぎます。
・固形凝集剤の併用でより効果的な水質浄化となります。


河川に直接水質浄化フェンスを展張する法
水流傾斜板パトレシアの梯子型で拭かれを軽減して効果的に除濁

【効果】
水流のふかれに強く、形状保持性が高い
 高流速下でのカーテンのふき上がりを軽減するために、フロートで固定した梯子型で
形状の変形を防ぎます。
二重展張による濁質の沈降促進
 前後に生じる渦流によって集まる粒子が淀み部となり干渉沈降を促進する挙動をより安定して干渉沈降させます。
・固形凝集剤の併用でより効果的な水質浄化となります。


排水機場水門手前             河川災害復旧工事

側面図
二条目は拭かれ難い。
梯子型カーテンの組合せ例


手前(上流側) 奥側(下流側)

現場条件に合せた最適な組合わせをご提案致します。


除濁効果の持続性を高めた
マイクロフロック法

溶け出した固形凝集剤ソリッドエースNCCが、パトレシアP-1NR型のラッシュカーテンの表面に付着し、凝集沈澱機能を持続性させます。





釜場に凝集剤を使用する方法
濁質濃度の高い釜場で固形凝集剤ソリッドエースNCCを使用して効果的に除濁

【効果】

・凝集も沈澱分離も初期効果させることが最も効率の良い処理で、後に成るほど処理は困難に成ります。
高濁水の濃度を面的に除濁する事が出来るので、濁水処理の負荷が軽減される。





バックフォーに設置

土嚢による水路沈殿池で浄化する方法
固形凝集剤ソリッドエースNCCと礫間接触浄化材セルカを水路に配列して沈降分離

【効果】

・水路を沈澱池替わりにするので場所を問いません。

大型土嚢で両側壁を形成し、水路内にNCC凝集剤を流れ方向に多点に配置し、沈殿池に導入します。
長さが長いほど沈殿池に係る汚濁負荷は低減され、濁水の処理は安定します。



その他にも様々な対策方法がありますので、VE提案等のお手伝いをいたします。
以下をお聞かせ頂ければスムーズにご提案ができます。

・河川の幅
・河川の水深
・河川の平均流速
・沈澱池が有るか否か。
・浮遊性の難沈降性微粒子の性状。


陸上、河川、海上問わず工事濁水の対象となるのは、主として74μ以下のシルト、粘土、コロイドです。
粒径に合わせた使用方法『懸濁粒子とその分離技術』はこちらをご参考にして下さい。→




水質浄化製品一覧へ
NETIS登録一覧へ



場所別水質浄化対策例

ソリッドエースNCCの場所毎の様々な使用方法の一覧です。
ご使用になる場所をクリックしてご覧下さい。VE提案の際にも、是非お役立て下さい。
河川・道路・開発地汚濁水対策例 ダム湖 港湾汚の汚濁対策例 河川・道路・開発地汚濁水対策例 飛行場 工場 浄水場 下水処理場




ご相談・ご質問・御見積はこちら
VE提案に関するご相談等、お気軽にお問い合わせ下さい。
受付時間 月~金9:00~17:30
※お急ぎの方は時間外でもご連絡下さい。




ホーム
サービスメニュー


105-0004 東京都港区新橋2-16-1ニュー新橋ビル5F
℡.03-3504-1574 Fax.03-3501-5608

Copyright ©1998-2017 nihonsolid Co.,Ltd. All rights reserved